保育士の専門学校について

close-up body part portrait of beautiful woman's eye make up with cosmetic brush

保育士を目指すうえで、専門学校への進学は方法の1つになります。メリットとして、1つ目は卒業と同時に保育士の資格を取得する事ができます。2つ目は2年で資格を取得する事ができます。3つ目は学校により、幼稚園教諭などの他の資格も取得する事ができます。

4つ目は保育の現場ですぐに役立つ知識や技術を学べる事です。5つ目は4年制の大学と比べて学費が安いという事です。このようにたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。デメリットの1つは2年間という短い期間で、保育の知識や技術を学ぶので忙しいという事があげられます。

2つ目は専門学校は保育に特化している為、保育以外の事は学びにくいという事です。3つ目は時間のない社会人や主婦が通うのは難しい事です。専門学校が向いている人は、できるだけ早く保育士として働きたい人、費用を少しでも抑えたい人などです。働きながら資格取得を目指したい人は夜間課程もあります。

また、保育の専門学校には2種類あります。厚生労働大臣の指定保育士養成施設の指定校と、指定を受けた短期大学のカリキュラムを併修する必要がある併修校があります。学費は指定校の場合200万円前後です。併修校の場合は250万円程度で、3年制の場合は350万円程度のところが多くなっています。

保育士の専門学校には指定校か併修校か、2年制か3年か、幼稚園教諭資格を取得できるかできないかなどの大きな違いがあるので自分に合った学校を選ぶようにしましょう。大阪のメイク学校のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*