年賀状は手書きが当然のものから、自分でプリントアウトするものへと快適さを増し、今ではネットプリントサービスの登場など進化を続けています。

個人としては出さなくなったという人も多く、友達にはメールやメッセージで済ますという人も増えているのではないでしょうか。

 

会う間柄の相手にはそれで良い場合も多いのですが、遠くに引っ越してしまった友達など、疎遠になりつつある相手だと年賀状は最後の砦だったりするので、安易に打ち切れないのが難しいところです。これがビジネスの世界になると、送らないのは失礼という考え方から脱せず、定期的に顔を合わせている相手にこそ必ず送らなければならないものとなっています。どんなに少ない取引だったとしてもリストから外せないため、ビジネスの場こそ年賀状がなくせない現場と言えるでしょう。ただ、手書きしなければいけないといったマナーは過去のものとなり、ネット等のサービスでテンプレのデザインに印刷して送ってもマナー違反にはならなくなっています。

 

サービスによってこうしたテンプレデザインはたくさんありますが、年賀状には干支が定番なのでそれに即したテンプレデザインを選ぶのが定番です。印刷サービスに依頼してそのまま送ってもらうか、一度会社に送ってもらってひと言でも手書きで追加し、送るかがこだわりの見せ所となっています。もらう側はあまり気にしない部分ですが、送る側は色々と考えているので、意識してあげるのもいいかもしれません。年賀状のテンプレのことならこちら