毎年年賀状を書いて出している人にとって、件数が多くなるほど年末の仕事が大変になってきます。思い切ってやめてしまうのも一つの手ですが、デジタル化して多少楽をするのも選択肢の一つかもしれません。年賀状印刷サービスはたくさん登場しており、デザインを選んで住所データを送るとそれで配送までやってくれるのです。そんなサービスも増えており、テンプレ画像を選んでさらにそこに加工したり、メッセージを追加できたりと色々あります。

ビジネスでよく使う手法として、テンプレデザインの大量の年賀状を印刷したら、大切な宛先にはちょっと直筆メッセージを足すという手があり、書いた事のある人もいるのではないでしょうか。この場合、サービスで印刷してもらったものを一旦会社に届けてもらい、そこから発送する必要が出てきます。手順としてはややこしいですが、テンプレのデザインに、印刷されたメッセージがあるだけの年賀状よりは、少しでも心のこもったものだと認識してもらえるのではないでしょうか。もらえる数が多ければいいという訳ではない年賀状ですが、少しでも心のこもったものをもらえると次に会った時の感じ方が変わってきます。

ビジネスマナーだからと機械的に送り続けるのではなく、多少気持ちを込めて作ったものがあってもいいかもしれません。全部手書きまで行くと手間が掛かりすぎなので、テンプレデザインのものに少し手を加えるぐらいがちょうど良いのです。年賀状のテンプレのことならこちら