保育士を目指すには専門学校進学も選択肢の一つです

保育士になる為には、保育士を養成する過程がある大学や短期大学、あるいは専門学校の課程を修了するか、保育士の国家試験に合格しなければいけません。実は国家試験はその合格率は高くなく、難しい試験ですのでかなりの勉強量が必要になってきます。その点、専門学校で学び、その課程を修了することで確実に資格を得ることができるため国家試験を受けて資格を取るよりは、保育士にはなりやすいとされています。共働き家庭が増えている社会情勢の中、政府としても働きながら子供を預けられるシステム作りに力を入れ始めています。

保育所を増加させることが社会での緊急を要する課題となっていますが、場所があっても保育する資格を持った働き手がなければ保育所は増やせません。今までは待遇があまりよくなく、なり手が少ない、あるいはなってもやめていてしまう人も多かった職業でしたが、需要は大変高くなっており、今後は待遇改善が進んでいくと思われます。さらに働く場所は幼稚園や保育園だけにはとどまりません。病院の保育所や病院で長期入院している患者への保育、託児所など働く場所は多岐にわたります。

ですから自分のライフスタイルに合った働き方も十分可能であるといえます。最近はスキルを身につけて独立し、フリーランスの保育士なども出てきていて、収入をあげていくこともできます。ただし、専門学校では多くの場合2年の過程で実習や学習が行われることが多いので、忙しい学生生活となることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*