中学生が通う個別指導塾の比較ポイント

中学生が通う個別指導塾にも色々なタイプがありますが、比較する場合のポイントとして自宅学習まで指導をしてくれるかは大事な部分です。授業を受けている間はきちんと勉強できていても、それだけでは当然足りません。出された課題も自宅で行うことになり、課題が済んだ後は自分なりに学習した方が良い部分を復習します。いざ勉強する段階になると何から手を付けたら良いのかが分からない中学生も多く、何となく得意科目のできる部分を繰り返し演習してしまうことがあり、すでに解けるようになっていて定着している部分を繰り返しても何の意味もありません。

こうした間違った自宅学習を防ぐために、個別指導塾では内容を決めたり勉強法について助言したりしています。復習をするための機会がきちんと設けられているかも重要です。大抵の個別指導塾では、季節講習のタイミングで本格的な復習を行っており、この段階で理解できていない分野が見つかったら理解できるようになるまで授業で教えられます。そのため、分からないことは季節講習で挽回できると考える中学生も多く、実際に休み明けには見違えるように成績が伸びているケースも少なくありません。

定期テスト対策の有無もしっかりとチェックしましょう。学力を伸ばすことももちろん大事ですが、高校受験では内申点が大きな意味を持ち、内申点が足りないために受験校を変えざるを得ない生徒も出てきます。ですから、定期テストへの対策もきちんと行ってくれるかは見ておきたい部分です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です