苦手科目が明確な中学生は個別指導塾を利用

苦手科目がはっきりしている中学生は、個別指導塾の方が成績を伸ばせます。苦手科目と得意科目の差がそれほどない場合には全体的にバランスの良い学習が求められ、単元によって対応方法も変わります。しかし、はっきりとした苦手科目のある中学生はそれを克服しないと全体の成績も下がってしまい、その後の授業もどんどん分からなくなるので問題です。基礎的な部分に問題があるケースでは、克服するための方法さえ思いつかないかもしれません。

どこから分からなくなったのかを突き止めることが困難な場合には、個別指導塾に通って躓いた単元を明らかにすべきです。得意科目は勉強していても楽しいと感じられますので、勉強する時でも率先してテキストを開きますが、本来なら時間をかけて勉強すべきなのは苦手な科目です。苦手だと感じていると頭にも入ってこず、余計に遅れがちになるため、早めの克服が必要となります。入塾時には簡単なチェックが行われ、何が問題なのかを突き止めてくれます。

その結果から必要だと判断された勉強がカリキュラムに取り入れられて、今後はそのカリキュラムにそった授業が行われます。中学生になると勉強と部活の両立にも悩まされることがあり、学習プランを立ててもその通りに進まないかもしれません。万が一個別指導塾で作成したカリキュラム通りに進まなくても、計画に狂いが生じた時点で作成し直してくれますので安心ですし、万が一予想よりも早くレベルアップできたら少し高いレベルの内容に変更されます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です