中学生が個別指導塾を上手に活用する方法

中学生が個別指導塾に通い始める時には、自分に合った講師が在籍しているかを確認します。年齢の近い大学生の講師から教わりたいのか、それともプロ講師からの本格的な授業を期待しているのかで、選ぶべき塾が異なります。どちらの方が良いというわけではなく、通う中学生の性格によっても合うものが異なりますので、本人に確認して良い方を選択しましょう。一般的な話では、レベルの高い高校を受験する場合にはプロ講師が喜ばれるようです。

勉強以外の悩みも相談できるような講師を求めているケースでは、学生の方が安心できます。高校受験では内申点がとても重要であり、内申点の良し悪しによって受験校が変わってしまいます。そのため、個別指導塾で定期テスト対策が実施されていることも選ぶ時のポイントです。中には定期テスト対策は通常授業とは別に無料で行う個別指導塾もあり、その塾に通っている中学生なら自由に参加できるところもあります。

余計な費用はかからずに定期テスト対策ができるのなら、保護者から見てもとても助かります。多くの個別指導塾では、受けられなかった分の授業を別日に振り替えることが可能です。ただし、全ての塾で対応しているわけではありませんので、事前にきちんと確認すべき点です。受験しようと考えている高校への合格実績もリサーチする必要があり、合格者数だけでなく合格率にまで目を向けると、どのくらいの確率で受かっているのかが分かります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です