TOP > 観葉植物のメリットとは

観葉植物のメリットとは

観葉植物とは、葉や色、模様を見て楽しむことを目的とした屋内で栽培する植物です。

基本的には直射日光の当たらない場所でも育てられる品種になります。観葉植物には、リラックス効果があるといわれています。人が植物に触れたり、木々の多い場所に行くと気分がよくなったり、落ち着きます。
それは、通常の環境とは異なる環境による影響もありますが、その他にも、樹木などには自律神経を整えてリラックスさせる効果があるためです。そのため、観葉植物にも似たような効果があるといわれています。

また、観葉植物には、有害物質を吸着し分解してくれる効果があるといわれています。

タバコの煙などに対しても効果があると期待されているほどです。

植物には元来、光合成により、二酸化炭素を吸収し酸素を作り出すことができます。

そのため、室内でもある程度の室内の湿度や空気の正常化にも貢献しています。

その他にも、観葉植物には様々なメリットがあります。
室内に彩りが欲しい、物足りないなどで、室内の雰囲気をちょっと変えるためのアイテムとしても有効です。部屋のインテリアとして使えます。



また、植物を自分で育てることにより、愛着もでてきます。



植物の成長を手間と時間をかけて達成することの楽しみもあります。

夏の暑い時期では、窓際やベランダなどに植物を並べておけば、直射日光を防いでくれるので、室内の温度を下げてくれる効果もあります。



また日光を直接浴びれば植物の成長もよくなり相乗効果になります。