個別指導塾で成績が伸び悩む中学生の対処法

本来なら効率良く学習できるおかげで成績が伸びやすいとされる個別指導塾ですが、利用する中学生によっては成績が伸び悩むこともあります。思うように成績が伸びない場合には個別指導塾の利用法に問題があり、その問題点を解消しないと同じ状態が続いてしまいます。もっとも重要なのはその塾が通う中学生の目的にあっているかであり、合っていなければそもそも目的を達成するための手段にはなっていません。目的に合わせて選ぶことは非常に大切なことですので、伸び悩んでいるのならまずはこの点から見返してみましょう。

自習をしていると本当にこのまま続けていても大丈夫なのだろうかと不安に感じますが、個別指導塾で授業を受けると安心してしまって自分ではあまり考えなくなってしまう中学生もいます。その油断が成績にも関係していて、宿題が出てもやる気が起きなくてやっていかない生徒もいます。出された宿題は学んだ部分をしっかりと自分のものにするために必要なことですので、面倒に感じても必ずやらなければなりません。手を抜くとそれが自分に返ってきますので、塾に通っているということだけで安心しないように、気持ちを引き締めて勉強するべきです。

復習がおろそかになっている場合にも成績は伸びません。一度理解できた部分でも、時間の経過と共に忘れてしまうケースがあり、忘れてしまった後にもう一度解いてみると今度は解けなかったという事態も発生します。定着させるためには何度でも復習する必要があり、季節講習のタイミングを上手く利用することが重要です。中学生の個別指導塾のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です