中学生の個別指導塾選びで失敗しがちなこと

中学生の個別指導塾選びでは、仲の良い友達が通っているからという理由だけで決めてしまうことがありますが、そのような選び方では失敗する確率が高くなります。同じように親や知り合いに勧められたからという理由もあまり望ましくありません。どちらも、利用する中学生やそのご家族が調べた上で決断したものではなく、周りの評判だけで決めてしまっているからです。これは失敗のもとであり、様々なタイプのある個別指導塾の中でも自分には合わない形式かもしれません。

学習スタイルやレベルが合っていないと、通い始めてからすぐに意味を見出せなくなり、モチベーションもダウンします。通いやすさは個別指導塾選びでも重要なポイントになりますが、家から近いというだけで選ぶのもお勧めできません。通いやすさは確かに大事ですし、中学生が遅い時間に帰ってくることを考えると、できるだけ家から離れていないところに決めたいと考えるのが親心です。しかし、通いやすくても子供の成績を伸ばすようなシステムが構築されておらず、レベルの高い講師もいなければ、求めているような結果はかえってこないと容易に予測できます。

費用負担はできるだけ抑えたいと考えるのが普通であり、個別指導塾の中でも格安と呼ばれるタイプはしばしば注目されます。安さは魅力でも、格安に設定されている場合には人材をきちんと確保していないケースが目立ち、サポート体制も不十分である可能性が高いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です