先生との相性も重要な中学生の個別指導塾

個別指導塾というと、教えてもらえる教科の種類や提供されるカリキュラム、立地等がとても重要なポイントになります。それ以外にも料金に関してはずっと通い続けることを考えると、軽視出来ない部分です。もちろん、これらのポイントもとても大事ではありますが、実際に通い始めてみると先生との相性もとても重要であることが分かります。相性が悪いとせっかく指導を受けていても頭に入ってこなくて、時間をかけている割には成績が伸びないという事態にもつながります。

中学生に指導をする先生には様々なタイプがいて、熱血指導を行う先生も少なくありません。熱意を持って教えてくれるのは良いのですが、中学生の中にはあまり熱心に指導されるのは好まない人もいます。それよりも、落ち着いた雰囲気で教えてもらった方が集中できるという子もいますので、通う中学生の性格的な面を考慮しながら決めることをお勧めします。たくさんの先生を抱えている個別指導塾では、求めるような指導を受けられるように上手く選んでくれますので、希望通りの授業を受けることが可能です。

丁寧に教えてくれるのか、どんどん先に進んでいって分からない部分は宿題にする等、ハイスピードに進むことを求めているのかでも、受ける側の印象はずいぶん違ってきます。これは個別指導塾の特徴というよりも、教える人によって差が出る部分であり、万が一自分のペースとは合わないと感じたら変えてもらった方がうまくいきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です