中学生の学習の躓きには個別指導塾が有効

中学生になると、小学生の頃よりも格段に難しい勉強をすることになり、部活動も始まることでついていくのが大変になります。実力を身につけるためには分からないところをそのままにしないことが大切ですので、学校で習ったことは自宅で復習をしてきちんと習得しておくことが大切です。最初の頃は順調に進んでいても、だんだんと忙しさにかまけて勉強をする時間が短くなり、遅れが目立つようになるケースがあります。そうなると、慌てて集団塾に駆け込む子も多いようです。

集団塾に通っている中学生は、通っていることに安心してしまって勉強に熱心に取り組めないケースも目立ちます。その結果、ただ通うだけになってしまい、学習の方は遅れた分を取り戻せないということになります。塾通いしているのについていけないと悩んでいる時に検討したいのが、個別指導塾に通うことです。個別指導塾ではマンツーマンか、多くても一対三程度ですので、一人一人の生徒に目が行き届く状態です。

分からないところはすぐに質問でき、解決してから次に進むことができます。着実に実力を身につけていくことができますので、通う中学生もだんだんと自信を持てるようになり、勉強する時間が楽しみになります。個別指導塾では体調不良等で通えない時があっても、別の日時に振り替えることができますので、都合が悪い日が出てきても無駄になりません。通う回数もきちんと維持でき、学習のペースも一定のレベルを保てます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です