中学生が通う個別指導塾の正しい選び方の基本

中学生が通う個別指導塾の正しい選び方ですが、やはり最初に目が行くのが講師一人に対して何人の生徒が授業を受けるのかという点です。元々少人数であるため、何人いても気にならないという場合でも、三人以上になると明らかに効率が悪くなりますので、できれば生徒の数は二人までのところを選ぶと良さそうです。マンツーマンなら他に誰もいませんので、中学生は自分なりのペースでじっくりと学習できる環境であり、一対二であっても一人が指導を受けている間は問題を解く時間にあてる等して効率的に進められます。生徒の数が多くなればなるほど費用も安くなりますが、その分効率が下がることを覚えておきましょう。

成績保証制度も存在しますが、これはあまり意味がないかもしれません。個別指導塾側は一定の条件を満たすと料金を返金する形にしているのですが、実際に返金してもらうためには多くの条件をクリアしなければならず、あまり返金されることはないというのが現状です。中学生にとっては成績保証よりも着実にレベルアップできるようなカリキュラムを組んでくれた方がありがたいので、カリキュラムの質に着目して個別指導塾を選ぶことをお勧めします。合格実績は気になるところであり、合格者数と一緒に合格率まで記されているとより正確なデータを把握できます。

合格率の優れている個別指導塾は指導力にも定評があり、受験に関するノウハウもしっかりと伝えてくれるので、自信を持って受験に臨めるのがメリットです。中学生の個別指導塾のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です