社会人になればスーツを着なくてはと思って慌てて購入する事もあるかもしれませんが、値段などにとらわれず自分の体型に合うおしゃれな一着を選びたいものです。ただ、よい物を購入したからと言って、適当に着ていたのではせっかくの魅力も引き出せませんから、着こなし方も考えてみましょう。着慣れない人だと大変に思うかもしれませんが、スーツを着用する時にはジャケットの一番下のボタンは留めません。そして、ジャケットのお腹周りはこぶしが一つ分入るぐらいの余裕を持たせたものを選んでおきましょう。

合っていないとしわが出来たりゆるんでだらしなく見える原因となります。着丈に関しては後ろを見るのは難しいですが、お尻が少し隠れるぐらいのものを選んで着用しましょう。ネクタイの剣先はベルトにかかるぐらいで、締める時にはディンプルというくぼみを上手に作りましょう。立体的に仕上げるとさらにこなれた感じが出ます。

シャツの袖は手を下ろした時に1~1.5cmぐらい出るのが理想です。ウエストは指が一本ぐらい入るような隙間を作っておいて、裾も長すぎないようにチェックしておいて下さい。意外に見落としがちなのが靴下や靴です。スーツの色に合わせて黒やネイビー、グレーなどを用意しておくといいでしょう。

靴の色とベルトの色を揃えるなど、色が合っているとそれだけで統一感が出て落ち着いた印象になります。すっきりと落ち着いた雰囲気で着こなせるように、いろんな組み合わせを楽しみながら探してみて下さい。