スーツと聞くと仕事の際に着用するイメージが強いですが、プライベートで着用することも出来ます。男性の代表的なファッションアイテムですので、仕事着だけに制限させておくことは勿体無いです。プライベートでも是非おしゃれに着こなしたいです。プライベートで着用する場合は、仕事着をイメージさせないことが重要です。

仕事の際はシャツとネクタイ、革靴を合わせることが一般的ですが、プライベートの時にはそのようなルールは一切無視しても構いません。ノーネクタイで着用しても良いですし、インナーにカジュアルなアイテムを合わせても良いです。特に冬場などはタートルネックのニットを合わせることがお薦めです。上品で大人のイメージを醸し出すことが出来ます。

夏場はTシャツでも構いませんので、一年中着用することが出来ます。足元は革靴ではなくスニーカーを合わせると、一気にカジュアルダウンすることが出来てビジネスの雰囲気から遠ざけることが出来ます。スーツ自体に関しても、仕事の際に着用している物とは別の物を用意したいです。どれだけカジュアルに着こなしてもビジネス仕様のスーツは、生地を見ただけで分かってしまいますし、肩パットが入っていればプライベートで着用するには少し難しいです。

プライベートで着用するスーツは、リネンやコーデュロイあるいはツイード素材がお薦めです。このような素材でしたら、格式張った雰囲気を出さずに無理なく着用することができます。