極端に高いスーツである必要性はないですが、ビジネスマンであれば、そこそこの物を身につけておいたほうが良いです。別に身なりで判断されるから、というわけではなく、単純に見栄えがよくなるからです。基本的には、最低限、生活感があればそれなりのビジネスマンとしてはまったく問題ないです。むしろ、あまりにも高いスーツを着ていると反感を買うことがあります。

ですから、程々にしておく、というのが意外と大事な点でもあります。難しいことではありますが、普段から着るものですから、数着は用意しておいたほうが賢明であるといえます。また、当たり前ですが、冠婚葬祭用とビジネス用は別になります。何もモーニングやイブニングを持っている必要はないですが、ディレクタースーツは持っておくべきです。

もちろん、社会人一年目にそんなスーツを持っていることはないですが、五年目以降程度を目処にそこそこの服は持っておくのが常識になります。服で判断されることがないわけではないです。そうした風習は意外と残っています。時計、靴、ネクタイにも言えることです。

最低限としては、清潔感があればよいです。しかし、それはマイナスにはならない、という程度であり、ベストは言い難いです。見るべき人が見れば、物の良し悪しというのは意外と簡単にわかります。どの程度、スーツにお金をかけているのかがわかります。

それによって、与える印象が変ることは往々にしてあり得るわけです。