既製品のスーツではサイズが合わないという人も多いのではないでしょうか。スーツとして仕立てられて販売されているものは多くの人の体のサイズに合う標準体型で作られているため、全員が合うというわけではありません。手足の長さや身長に対してスリーサイズが太かったり細い体なら、バランス的にもぴったりのサイズを探すのは困難でしょう。我慢して合わない既製品を着用しているのであれば、オーダースーツを利用してみてはいかがでしょうか。

オーダーにも二種類があり、一般的なオーダースーツとなるとフルオーダーのことを指して言われています。体の採寸から始まり、自分専用の型紙を制作してもらって店舗で保管されるので、次に注文をする時にもすぐに作り始めてもらうことができます。しかし、自分だけのものであるために予算的には高額です。セミオーダーであれば手ごろな価格で作ることができ、自分のサイズに合いつつも好きな素材を使用してデザインも選ぶことができます。

セミオーダーとは、あらかじめ用意されている型紙から部分的に自分の体型に合わせて補正をして作ってもらうものでありますが、型紙は保管してもらえないので再び注文する際には採寸から始まることになります。表地や裏地、ボタンなどを選んだり、衿やポケット、ベンツやタックの数など部分ごとのデザインが選べるので、他の人と全く同じ組み合わせという可能性は非常に低いものであり世界にたった一つの自分だけのスーツを作ることができます。