百貨店の中にあり通常の洋服お直しは勿論のことメンズの洋服お直しにも対応し、オーダーで着物からジャケットとワンピースやブラウスなどの作成が可能な店舗が梅田駅近くにあります。洋服お直し店舗の拘りの機器で業務用のミシンは、初めてのジーンズを作成したブランドメーカーのミシンです。このアメリカのメーカーは現在はありません。要望する客に対して店舗はこの貴重なミシンを使用してジーンズの裾上げを実施しています。

このミシンを使用して本物の綿糸による、裾上げを行うことで独特なヨリがかかります。独特な風合いが使い込んでいくうちに出てくることが特徴といえます。おしゃれな極太ステッチミシンの使用は感性が重要で、梅田駅近くの店舗専用ミシンは仕上がりの綺麗さが強みです。ドットボタン専用打ち器は、ジーンズなどに使用されているドットボタンを打つ器具です。

ボタンは様々な色と大きさがあるため、約100種類程この店舗は常備しています。その中から客と相談し最適なものを決めています。もともとの状態を維持している場合は修復可能なこともあります。ボタンホール作り用の本切羽専用機は指定がある場合に紳士服の袖が、仕上がっていない状態のものに入れる場合が傾向として多くなりました。

この専用機は梅田駅近くの舗以外にも各地のグループ店舗とアトリエに常設し、趣味で洋服のオーダーを作成する客が上着の袖とフロント部分に入れる場合もあります。スエットパンツやTシャツの裾などのステッチを入れるための機械が3本針用の特殊ミシンです。ミシン針が3本あることが特徴で1度に綺麗にかかる仕様になっています。店舗が行うリンキング補修はニット衣料の穴あきも補修可能です。

手作業でひと目ひと目を縫いこんで仕上げることに特徴があり、力の入れ加減が仕上がり状態を決定づけます。