自分に合うマットレスの選び方

マットレスとは、ベッドの上や布団の下などに用いる、クッション性のある厚い敷布団のことをさします。大きく分けてベッド用と布団用の2つがあります。ベッド用は主にベッドの上に載せて使用し、布団用は敷布団の補助床として、床に敷きその上に布団を載せて使用するのが一般的です。新たに寝具を購入する際、マットレスと敷布団のどちらがよいのか迷ってしまうこともあります。

ライフスタイルに合ったもの、肩こりや腰痛対策、お子さま用としてなど目的によっても選ぶ基準が変わってきます。マットレスには体の圧を分散してくれる役割があります。弾力性や復元性があるため、重心が一カ所に集中することを防げるのが特徴です。また床に布団を敷いている際に、布団の弾力が足りず背中に硬い床の圧がかかる床付き感を軽減する効果もあります。

敷布団では体が痛いという場合には、マットレスのほうがおすすめです。マットレスには主に5種類の素材があり、種類によって寝心地も変わります。ボンネルコイルは、体圧を面で支えて分散させるタイプで、ゆるやかなフィット感と湿気がこもりにくいことが特徴です。ウレタンは、体圧分散や反発力に優れた素材で腰痛防止として使われることもあります。

低反発タイプや高反発タイプにくわえて、優反発タイプなど、製品のバリエーションが豊富です。ラテックスは、反発力の高い天然ゴムを使用しています。ダニやハウスダストが発生しにくく衛生的に使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *